グレイ、まるこ、はまじ、すみれさん

ピクの眼が開く。(2017年4月20日)

Img_0081
仔猫が来て2日目、ピクと名前を付けた。工房にはプクがいる。ピクとプクだ。
そして一週間が過ぎ昼目覚めた時、眼が開いた。僕は一人で凄く感動した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仔猫用の哺乳瓶(2017年4月15日)

Img_0040
仔猫用の哺乳瓶は優れものだった。仔猫用の粉ミルクを10ml作り飲ませた。ゴクゴク飲む。胃が小さいので半分でお腹いっぱいになる。寝れるだけ寝かせて起きたらミルクをあげる。この繰り返し。でもこれで安心した。きっと立派に育つ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

仔猫との出会い(2017年4月14日)

Img_0050
グレイがいなくなって10ヶ月が経った。もう猫を飼うのはやめようと思っていた。もし飼ったとしてもあんまりべったりせず、外で飼うぐらいなら良いかなと思っていた。
2017年4月14日15時頃、僕は皿の注文をするためポーセリンパークの敷地内を歩いていた。
施設管理の前を通り過ぎると子猫の鳴き声が聞こえた。何処から聞こえるのか回りを見渡した。水色の陶器を入れるカゴが目に入った。来た道を少し戻りカゴを覗くと3匹のまだ目も開いていない仔猫がいた。しばらく観察していると施設管理のおじさんが来た。かめの中に捨てられていた事を聞いた。このままでは死んでしまうので、取り敢えず3匹とも引き取ろうと思った。仔猫の入っているカゴを日陰に移し、用事を済ませてから戻った。
カゴを抱え10mくらい歩くと飲食のおばさんが追いかけて来て、この子とこの子をもらっていくわと言い元気の良い2匹の首をつまみあげた。そしてじっとして動かなかった一匹を見てこの子は死にそうと言い去っていった。この間僕は何も言わなかった。
僕はあっと言う間の出来事に呆気に取られていたが、一匹なら金銭的にも安心して動物病院に連れて行けるし、その子に集中出来るのでちょっと安堵した。おばさんは死にそうと言ったけど僕にはそう映らなかった。残されたと言う事はこの子には僕の力が必要なのだと勝手に解釈した。
仕事も落ち着いたので4時30分に切り上げ動物病院へ向かった。仔猫を見てもらいミルクのあげ方とトイレの仕方を聞いた。ミルクを飲まないとどんどん弱ってくるし、今は元気でも数分で容態が変わる事もある、とにかく大変だよと言われた。スポイトと注射器の先のないやつをもらった。
帰りにホームセンターで仔猫用のミルクを買って帰った。早速ミルクを作ってスポイトで飲まそうとするが、なかなかうまく行かない。どうやったらうまく飲ませられるのだろう、焦りまくった。この日は徹夜してたどりついたのが、指をオッパイと思って吸ってくるので指の第一関節辺りからミルクを流し吸わせた。ミルクを飲ませる度に手がベトベトになり畳が濡れた。大変だと改めて感じた。明日は仕事に行く途中のホームセンターで哺乳瓶を買おうと思った。
この日、昨日までは母猫や兄弟の温もりを感じて寝てた仔猫は僕の枕元で100均のカゴの中に眠った。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぷくの子猫Ⅲ

025

ルフィーと呼んでた子猫は優しい飼い主さんの元へ。

リュウという名前をもらった。

頭が良く感が鋭いリュウ。

その分ちょっと警戒心が強い。

でも本当は甘えん坊。

新しい環境にもすぐ慣れるよ。

大きくなったら凛々しい姿になりそうだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ぷくの子猫

Dscf0775

Dscf0790

生まれて2ヶ月半、飼い主が見つからず家にいる。

早く飼い主みつけないと。

ぷくは避妊手術をした。

今日は抜糸。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

飼い猫

飼い猫
飼い猫グレイ。
グレイが家に来て9年になる。
X'masイブの今日の朝、動物病院に入院した。
吐き気が止まらず腸閉塞の可能性あり。

思えば今年は僕もグレイも当たり年。
グレイ…、縄張りに野良猫が入る。
追いかけて交通事故に合う。
顔面を強打。
鼻血を出し、呼吸も荒く、倒れていた。

通りかかった人が教えてくれた。
もう駄目かと思った。
幸いレントゲンは異常なし。
3日間何も食べれなかったけど、その後かつおぶしを食べて復活した。
僕の方は、夜バイクで帰宅途中…。
イノシシが飛び出して来た。

避けるためにブレーキ。

横転。
20メートル位滑った。
バイクは30メートル位滑った。
滑りながら前方でバイクが滑っているのを冷静に見ていた。
いのししは、悪いことしたな~って感じでこちらを見て森へ消えた。

高校の時、30メートル位滑ったことがある。

その時は壁があり、手で壁を押さえて止った。

バイクも滑って壁に激突して止まった。

それに比べたら何でもない。

それに幸い、この日は寒く、ゴッツイ靴を履きズボン2枚、手袋2枚、厚手のジャンパーを着ていた為、左親指の捻挫で済んだ。

グレイ、近所の猫とケンカして眼が開かなくなった。
でもお医者さんから貰った薬で復活。

僕、夜中コタツでうとうと。
寝床に入ろうと電気を消し移動中、扉に激突。
メガネをかけてたので左眼の横から出血。
あまりの衝撃にのたうち回った。
暫くの間、ケンカでもした?と聞かれる。

バイクで転んだ事にした。

グレイ、腸閉塞の可能性で入院中。

僕の方は健康診断で血尿、血便。

再検査で初めて腸カメラ。

あまりの痛さに麻酔をしてもらう。
結果異常なし。

昔、猫は身代わりになってくれるというのを聞いた事がある。

僕はちょっと信じている。
グレイのおかげで僕は元気であると。

夜、見舞いに行った。
点滴を受けながら元気な姿を見せてくれた。

その姿を思い出すとちょっと悲しいX'masだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

暖かい場所

暖かい場所
昨日窯を焚いたので、煙突の上はとても暖かい場所。

はまじとまることまるこの子供のちび猫。

ちび猫は8月15日に生まれて4ヶ月以上経つ。

でもまだ…、まるこからたまにお乳をもらっている。

6匹生まれて、1匹死に4匹もらわれてった。

ちび猫は遊び相手がたくさんいた分、最近ちょっと淋しそう。

その分まるこに甘えてるのかな。

まるこがいない時ははまじに甘えてる。

ちび猫には、ここは一番暖かい場所。

ちび猫…、いつかは自分で強く生きないといけない日が来る。

甘えられる時は、一杯甘えないとなo(^-^)o。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちびのその後2

ちびの飼い主に写真を送ってもらった。

Blog3 Blog2 ちび、大きくなったな。Blog1

可愛がられてるな。

とっても仲良しなんだな。

ちびは幸せだな。しっぽがとっても綺麗なんだって。

まるこ、またお腹、大きいよ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちびのその後

ちびのその後
6月13日まで、うちにいたちび。
その後めでたく、もらわれて行った。
今では体重が900グラムになり、ちびと一緒の、今年生まれた猫と、飼い主の元で幸せに暮らしている。
その猫とは、とっても仲良しなんだって。
良かったなー、ちび。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

箱入り娘

箱入り娘
 あさひさん、良ければ、時間があれば、見に来てね。
 まだ小さいので、もう少し丈夫になるまで待っててね-。(もし育ててくれるのなら

Blog1 Blog3

| | コメント (2) | トラックバック (0)