« 松浦シティフル駄マラニックに参加 | トップページ | 2012.0707登り窯 »

伊万里平戸街道ウルトラ駄マラニック

Photo
 走り始めて1年と4ヶ月、少し早いとは思ったが、駄マラニックの大会ということである意味、気楽な気持ちでチャレンジした。
 2月から4月まで忙しかったりで月間80キロ前後しか走ってなかった。
その結果、5月の駄マラニックは42.195キロが以前より思いの他きつかった。
 100キロのスーパー駄マラニックを申し込み巻き返しを計ることにした。
 6月10日の大会まで22日しかない。
月間紙ランナーズが100キロ完走4ヶ月計画という特集を組んでいたのでそれを手に入れた。
 結局期間がもうあまりかった為、参考にしたのは、中間エイドでシャツを着替えること、当日は安易に座らないという、こころ構えだけだった。
 ただ、他の記事がすごく役にたった。
 練習方法として取り入れたのは、距離を走らない日は1000m×5本のインターバル、昼ご飯を食べたら仕事が終わった後も、一切食べ物は採らず、空腹の状態で走ること。
特に空腹の底力という記事はすごくよかった。
 6月5日までに17日間中11日、180キロ走った。
 食事は毎日たまねぎを1個スライスして食べた。
後は、ヨーグルト、納豆、サプリメントにコンドロイチンとオルニチンは必ず採った。
それと12時までには寝ること。
 結果、月間200キロを目標に走っていた頃のように寝汗をかくようになり、新陳代謝が良くなり走る体ができてきたように感じた。
 
 当日の持ち物はペットボトルを入れられるウェストポーチ、もしもの時の痛み止め(使用せず)、塩分チャージというタブレッツ、間接痛筋肉痛用にメンタームから出ているゲル状のエプールFE(コスモスドラックの店員さんの意見を参考にした。)バンドエイド、懐中電灯、オロナイン軟膏。オロナインはワセリンを買うつもりが予想以上に値段が高く、成分にワセリンが入っていたので走る前に足の指に塗りたくった。オロナインは10g入りでコンパクトで擦り傷にも良く効いてすぐれものだった。

 6日から当日まではゆっくり休み体調はとても良かった。
受付を済まし、午前1時スタート。
先頭の明かりを遠目に見ながら7番目ぐらいで走っていたが8キロぐらいで、先頭集団とも後ろの人達とも離れ一人旅へ。
10キロのエイドに気づかず(帰路で走っていた反対側にあったことを確認)、要所要所に矢印はあるので道は間違っていないと思いながら10キロって結構あるな~と考えていた。
先程まで先に行ってたと思ってた人が後ろから来たので、エイドはまだですかね~とか聞いたら、もうすぐだと思うよ、もう2時間走ってるからね、と言われた。
時計をわすれ、そんなに走っていることさえ気づかなかった。
このとき10キロのエイドを通り過ぎたことがわかり、エイドには横線が引っ張ってあるよと教わった。
でもそれだけ調子が良かったので逆に元気になった。
20キロのエイドでおにぎりを掴み坂道で歩きながら食べることにした。
制限時間18時間というのは途中何があるかわからないので、1分でも無駄にできないと思った。
とにかく完走したかった。
山道、懐中電灯をたよりに矢印に注意しながら調子よく走った。
途中、2匹の大きい犬に追いかけられ、真剣に走った。
ところが道がT字路になり矢印がない。
そのとき道を間違えた事に気づいた。
帰路で確認したら僕は道の真ん中を走っていた為、両端に描かれた矢印に気がつかなかったようだ。
僕の後ろを走っていたお兄さんも多分そこで間違えたと思う。
僕は146号線を走り、11号線にぶつかるT字路にいた。
どちらに行くかわからず携帯のナビを起動。なぜか逆方向に案内を出しGPS信号を検索中と出て固まった。
上志佐郵便局を過ぎた所でナビが方向が違うと言い出した。
もう一度ナビを設定し直してきた道を戻る。
この時はかなりへこんだ。
走りながら、気を取り直して、なんとか平戸城までは行こうと思った。まずは松浦駅を目指すことにした。
何とか松浦駅に付き204号に出て、平戸方面へ。きっと僕が最後尾だろうな~と思いながら、もう道は間違えたくないので、30kのエイドはあきらめ、ひたすら204号を。
途中前方に、歩いている駄マラー一人を発見。うれしくなり、追いつき声をかける。
お兄さんも道を間違えたらしい。多分、僕の後ろを走っていた人だと思う。
足が痛いのでもう走れないということで、先に行くことに。
しばらく、走ったり歩いたりしながら、コンビニでジュースを買い、ウォークマンで音楽を聴きながら気分を持ち上げる。
平戸城に着いたら、松浦までは戻りたいな~と思いながら行く。
西木場の先でコースと204号がぶつかる所があり、コンビニで5人の駄マラーを発見。
すごく安堵。コースに復帰。付いていく事に。
何件かのコンビニに寄り平戸城へ。
シャツを着替え、おし寿司をもらい休憩。
4人の駄マラーには先に行ってもらい僕は平戸城は見たことがなかったので一人で上まで登る。
景色を楽しみ、4人の駄マラーに追いつくよう、無理しない程度に帰路を走る。
途中平戸城に向かう何人かの駄マラーとすれちがう。
平戸大橋を過ぎしばらく行くと4人に追いつく。
5人で、ほとんどのコンビニでアイスを買ったりノンアルコールビールを飲み比べたりしながら、駄マラニックをする。
おばちゃんに取れたてのビワを山盛りもらう。
これが、本当の駄マラニックなんだな~と、今回は道を間違えて良かったな~と思ったりもする。
走り方も、参考になった。
ズルッ、ズルッと音がする。
靴の底が減るな~と思いながらちょっと真似したりもする。
途中、電車に乗ったりするのかな~と思ったけど、コース通り、山道を登ったり下ったりしながら行く。
皆、長距離はベテラン。
歩いていると眠気が襲ってくる。
途中、一人が用事があるという事で松浦駅で電車へ。
スーパーに寄りトマトを一つ買った。
まるかじりしながら、元気回復。
やっぱり新鮮な野菜が一番。
途中、庭で水を撒いているおじさんに顔を洗わせてくれるようベテラン駄マラーがお願いする。
おじさんは快く、水を使わせてくれ、順番に顔を洗う。
さっぱりして気分爽快。
途中、冷えたメロンを差し入れしてくれた、車の夫婦もいた。
制限時間、目一杯使って走るのが一番という駄マラニック。
本当に17時間30分ぐらいで伊万里駅に戻ってきた。
寝ずに走ったり歩いたりも初めて、増して18時間動き続けるのも初めて。
と思ったが、登り窯を焚く時もそうだったな~と、思ったり。
一時は完走をあきらめたが、4人の駄マラーに出会えたおかげできっちり100キロ(道を間違えた分それ以上)完走。
もらった伊万里温泉のチケットで温泉へ。
気も体も緩んで、歩くのがやっと。
風呂の淵に寝そべって1時間程寝た。冷水で20分程足を冷やし、少し回復。
腹が減ったので牛丼を食べ、帰宅。
長い一日の終了。
今日1日最高におもしろかった。


|

« 松浦シティフル駄マラニックに参加 | トップページ | 2012.0707登り窯 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 伊万里平戸街道ウルトラ駄マラニック:

« 松浦シティフル駄マラニックに参加 | トップページ | 2012.0707登り窯 »